製品情報

200シリーズ(自動)

APW-128K ダブルオート・ポリッシャー、200HV

APW-128K.png

 

個別荷重、全体荷重

 

両方に対応した自動研磨機

 

各種設定、操作は

 

タッチパネルで簡単入力!

 

個別荷重式

APW-128K-03.png

 

個別荷重用専用ホルダーにて

Φ 25.4㎜Φ 31.7㎜

Φ 38.1㎜

1個~最大4個まで対応。

※個別に異なる荷重を設定することは

出来ません

 

全体荷重式

APW-128K-04.png

 

全体荷重用試料ホルダーにて

Φ 25.4㎜(5ヶ孔)、

Φ 31.7㎜(5ヶ孔)、

Φ 38.1㎜(4ヶ孔)に対応。

※各サイズ孔個数未満の研磨時は

ダミー試料の取り付けが必要です

 

 

 

特徴

  • プログラム機能:個別/全体荷重それぞれ1データ(10工程)× 20 個を保存可能
  • 条件自動切替機能:運転中に条件を自動切替(例:スタート時荷重 50N~30秒後荷重 120N、スタート時ヘッド回転数100rpm~30秒後ヘッド回転数150rpm)
  • ブザー機能:研磨終了時ブザーにてお知らせ(ON/OFF 切替、ブザー時間設定可能)
  • ソフトスタート機能:研磨開始時に設定圧まで徐々に加圧
  • テーブル水切り機能:研磨ディスクの水切り(ボタン長押しで最高回転にて水切)
  • 動作設定ロック:管理者が設定した動作を任意のパスワードでロック可能
  • 研磨剤供給装置 SUA-001・SUA-002 オートサプライヤー(別売り)と連動可能

 

仕様

入力電源 AC100V、単相又はAC200V、三相
供給エア圧力 0.5 ~ 1.0MPa
ディスク回転数 60 ~ 580rpm
ヘッド回転数 4 ~ 200rpm
荷重 個別 5~30N(5N 毎)/ 全体 30 ~ 200N (10N毎)
試料ホルダー

個別用4個孔(Φ 25.4mm、31.7mm、38.1mm)

全体用 Φ 25.4mm用6ヶ孔、Φ 31.7mm用5ヶ孔、Φ 38.1mm用4ヶ孔

研磨ディスク Φ 2.3mm × t 20mm アルミ製
安全装置 リミットスイッチ付き安全カバー   プッシュロック式非常停止スイッチ
大きさ W 430 × D 640 × H 740mm

 

APM-128K オートマックス・ポリッシャー、200HV

APM-128K.JPG

特徴

RPO‐128KにAMO‐212(オートマックス)を取り付けた自動研磨機のベスト・セラーです。研磨試料を取り付けたホルダーをオートマックスにセットするだけで、どなたでも簡単で最良の研磨鏡面が得られます。長年のお客様の信頼に応えてきたポリッシャーと自動研磨アタッチメントのベスト・コンビです。

仕様

使用電源 AC100V、単相(又はAC200V、三相)
ポリッシャー・モータ AC200V、三相 0.4kW
研磨ディスク φ203×t8mm アルミ盤
ポリッシャー回転数 60~580r/min、インバータによる無段変速
ヘッド回転モータ AC100V、単相、15W
ヘッド回転数 (50Hz) 33r/min、(60Hz )40r/min
試料ホルダへの荷重 0~300N
大きさ 約W430×D630×H600mm
重量 約49㎏

*標準仕様では工業用水の使用は出来ません。

AMO-212 オートマックス

AMO-210 オートマックス

特徴

リファインテックのオートマックス・アタッチメントはグラインディングからポリッシングまでの研磨工程全般に対応。どなたでも簡単で最良の研磨鏡面が得られます。

長年の実績とお客様からの信頼に応えてきたオート用アタッチメントのベスト・セラーです。

仕様

試料ホルダ回転モータ AC100V、単相(又はAC200V、単相)、15W
試料ホルダの回転数 (50Hz)33r/min.(60Hz)40r/min.
試料ホルダへの荷重 0~300N
研磨ディスク φ203×t8mm アルミ盤
大きさ 約W320×D140×H300mm
重量 約11㎏(スプラッシュリングを含む)

 

APM‐128K オートマックス・ポリッシャー、200HVの他に以下の研磨機を取り揃えております。仕様につきましてはお問合せ下さい。

APM‐228K 二連オートマックス・ポリッシャー、200HV
ASM‐228K  二連オートマックス・シンプル・テーブル、200HV
ADM‐128  単式オートマックス・デスク、200HV
ATM‐128  単式オートマックス・テーブル、200HV
ATM‐228  二連オートマックス・テーブル、200HV
ATM‐328  三連オートマックス・テーブル、200HV

APN-128K ニューマックス・ポリッシャー、200HV

APN-128K.JPG

特徴

ニューマックス・ポリッシャー、200HVはリファイン・ポリッシャー、200HVの各種研磨機に自動用のアタッチメント 「AMN‐200」を取付けたものです。

AMO‐212のコンセプトを一歩進め、時代のニーズにあわせて登場した AMN‐200(ニューマックス)を取付けた新しいタイプの自動研磨機です。試料の1ヶ磨きもできます。

仕様

使用電源 AC100V、単相(又はAC200V、三相)
ポリッシャー・モータ AC200V、三相 0.4kW
研磨ディスク φ203×t8mm アルミ盤
ポリッシャー回転数 60~580r/min.インバータによる無段変速
試料ホルダ回転モータ AC100V、単相(又はAC200V、単相)、25W(正逆の回転方向を切り替えられます)
試料ホルダ回転数 (50Hz)40r/min.(60Hz)48r/min.
試料ホルダーへの荷重 コイルバネによる荷重1目盛り10N、最大荷重100N
(実際の研磨作業では、50N以下の荷重でのご使用を推奨致します。)
研削量測定目盛 最少目盛り0.1mm
試料ホルダの保持 永磁チャックによる試料ホルダ取り付け方法
大きさ 約W430×D630×H805mm
重量 約58㎏

*標準仕様では工業用水の使用は出来ません。

AMN-200 ニューマックス

AMN-200 ニューマックス

特徴

リファインテックのニューマックス・アタッチメントは、ポリッシングまでの研磨工程全般に対応。どなたでも簡単で最良の研磨鏡面が得られます。AMO‐212のコンセプトを一歩進めて生まれた新しいタイプのオート用アタッチメントです。試料の1ヶ磨きもできます。

仕様

試料ホルダ回転モータ AC100V、単相(又はAC200V、単相)、25W(正逆の回転方向を切り替えられます)
試料ホルダの回転数 (50Hz) 40r/min. (60Hz) 48r/min.
試料ホルダへの荷重 コイルバネによる荷重1目盛り10N、最大荷重100N
(実際の研磨作業では、50N以下の荷重でのご使用を推奨致します。)
研削量測定目盛 最少目盛り0.1mm
試料ホルダの保持 永磁チャックによる試料ホルダ取り付け方式
研磨ディスク φ203×t8mm アルミ盤
大きさ 約W370×D220×H530mm
重量 約26㎏(スプラッシュリングを含む)

 

APN‐128K ニューマックス・ポリッシャー、200HVの他に以下の研磨機を取り揃えております。仕様につきましてはお問合せ下さい。

リファイン・ポリッシャー 200シリーズにAMN‐200が付いたものです。

APN‐128K  ニューマックス・ポリッシャー、200HV
APN‐228K  二連ニューマックス・ポリッシャー、200HV
ASN‐228K  二連ニューマックス・シンプル・テーブル、200HV
AND‐128  単式ニューマックス・デスク、200HV
ATN‐128  単式ニューマックス・テーブル、200HV
ATN‐228  二連ニューマックス・テーブル、200HV
ATN‐328  三連ニューマックス・テーブル、200HV

↑ ページ上部へ